2016/08/19

霧の中

私的な相談を受けるのは全然嫌いではない。
むしろ、自分自身の生き方やビジネスを考えるよい機会でもあり
話を聞くことは楽しくもある。



20代半ばで就職、転職が思うように行かないと言う男性が
知人の紹介で相談を受けたいとのこと。
時間、場所をアレンジして2時間ほど話を聞き
経験上のアドバイスと知っている限りの話をする。


その後の彼の近況報告を聞きたいわけではない。
それよりも、会って話をしたことに対して何の言葉もないことに驚く。
 自分のために会う場所を確保して、自分のために会う時間を調整してもらった
とういう事に何も思いが浮かばないのだろうか?


ビジネスの世界だけでなく世の中は、大学名、ビジネススキル、知識量だけで
人を判断しているわけではないことに気付いていないのであろう。

仮にビジネススキルや経験量で就職出来たとしても
会社は成果を求めているだけということもある。
本人が社内で浮いていようが、周りとの人間関係がうまく行かなかろうと
会社には関係ないのである。
関係あるのは成果を出しているかどうか。


但し、コミニュケーションが円滑にいかないことが
霧のように重く暗く感じるのであれば
その霧を払拭するしかないのである。
それが出来なければ、何度転職しようがまた重く暗い霧の中。



見返りなしに自分のために人が動いていたり
すぐに結果がでないことを承知で、長いタームで人が動いていることに対して
思いを馳せる、感謝する。
そして伝える ...

当たり前のことが、当たり前にできていないことに気付くことは難しい。

2016/04/12

『お客様は神様です』の気持ちが神様を勘違いさせている




1. スーパーマーケット編

『牛乳は寝かせてお入れしてよろしいですか?』
『チーズにはドライアイスをお入れしますか?』
『お肉とキュウリは別の袋に入れますか?』

パックに入ったタマゴも袋に入った生麺も、全てレジを打ったあと
更に半透明の別の袋に入れてからレジ袋に入れる。
毎回こんな調子の過剰サービス。


おかげで、勘違いするお客は
『全て半透明の小袋に入れてからレジ袋に入れて !! 』
『牛乳を入れた袋にはドライアイスを入れて !!』
『肉は一番上に入れて !! 』



レジが4台あるのにも関わらず、
『お客様は神様』信仰の過剰なマニュアルサービスと
そのサービスに乗っかって悪魔と化して偉ぶる客のお陰で
神様の後ろには延々と進まないレジ待ちの列ができるのである。

********************************************************

2.    ジム編


ジムの会員は、ストックされている棚から無料で利用できるトレーニングウェア
シューズ、タオルを取り出しロッカールームへ Go !!

これが普段の見慣れた光景


しかし !!

フロントスタッフからウェアやタオルを手渡しで渡してもらいたい(特別な)客は
館内用ジムバッグにシューズやウエアを入れてもらう。

フロントスタッフからバッグを受け取った後 
靴のサイズが違うだの、タオルのたたみ方が悪い ... などなど 

だったら自分でやれよ !!

『お客様は神様』信仰の過剰なサービスと
そのサービスに乗っかって悪魔と化した客の後ろには
黙って待たされる会員が並ぶ光景を見て何も思わないのだろうか。


*******************************************************


現場を知らないマネージャーは
『お客様は神様』の信者で
神様の中には悪魔に近いタイプがいることを知らないのである。






2016/02/24

This is my life

自分で作るおにぎりを記事にして頂きました〜
田舎の鼻垂れ小僧みたいな不格好なおにぎりも、オスマシしたイイ顔で撮ってもらってます 。

第10回 アートと暮らすギャラリストのおむすび


2015/08/01

諸行無常 & Living With Art


諸行無常

この世にある一切のものは常に移り変わり、不変なものはない



割れてしまった器に金継ぎを施し
更に違った表情を纏い蘇りました
金継ぎは日本独自の技法で、壊れたものを修復するだけでなく
修復の過程で新しく美的な価値を加えるという
素晴らしい技法です
もちろん時間はかかりますが、
こんなに粉々になってしまった器も
新しい命を吹き込まれたようになりました



ヒビが入った器に金継ぎを
漆のあとに金を施し
金継ぎが新たなアクセントになりました



高価なもの、思い入れの有るものは
割らないようにとって置くのも良いけれど

時々、大事に使ってその良さを
味わうのも暮らしを豊かにするのではと思います


もし、思い入れのある大事な器が
欠けたり割れたりした場合
金継ぎで蘇らせてみては如何でしょうか?

Living With Art


2015/06/02

Grate Scandinavian trip in May with BOB

Copenhagen (Denmark)  ⇒ Stockholm (Sweden )  ⇒  Tailinn (Estonia) ⇒
Peterhof and Hermitage  ⇒ Helsinki(Finland )




















NOMA !!

































































































ただいま〜